自律神経失調症・うつの具体的な症状と対策 冷え性

「冷え」も自律神経失調症の症状のひとつと言ってもいいでしょうね。
多くの人は冷え性はただの冷えだと思っています。しかし、血管の拡張や収縮など、血液の流れに関係するものは自律神経が調節しています。
そのため自律神経失調症の方は、冷え性になりやすいし、冷え性の人は自律神経失調症になりやすいのです。

具体的な対策

あたためる対策はもちろん、体を冷やさないことですね。冷え性の方は、自分で熱が生めない状態になっています。体が弱くなるからといって、体を暖めない方がいますが、コレは止めた方がいいです。
まずは体を暖めて、自分で熱が生めるようになったら、少しずつ慣らしていくのがいいでしょう。特に手足・おなか・背中はよく温めてください。

冷え性でお困りの方は、冷え性に詳しい整体院「健療院グループ」までご相談ください。


このページの上部へ
うつや自律神経失調症でお悩みならお気軽にお問い合わせください。
お近くの認定治療院が見つかる。
うつを治して幸せになろう ココカラメルマガ。
うつ・自律神経失調症をあらゆる視点からわかりやすく解説。

うつナビゲーター 鈴木直人

アマゾン星

アマゾンで買う

患者さん向けのうつ・自律神経失調症無料勉強会
おすすめホームページ
このページの上部へ